About me

大丸松坂屋百貨店にて、マーケティング、戦略、M&A、新規事業を主に手がける。また企業内起業家として複数の新規事業を立ち上げる。また大型百貨店(大丸と松坂屋)の合併で統合実務をリード。その後旗艦店である大丸東京店長として大規模改装の指揮。その後持株会社(J.フロントリテイリング)に移り、取締役常務としてM&A、VCへの出資、全社戦略、IT部門変革などを行なう。その間社外取締役も5社ほど経験。持ち味は戦略、マーケティング、新規事業のアイデア作りとオフラインとオンラインの融合。
海外経験は、慶應MBA時代に交換留学生としてシカゴのKelloggスクールでマーケティング、戦略を学ぶ。その後尊敬するコトラー教授と話す機会も得る。
J.フロントリテイリング時代にはVCおよびベンチャー企業探索目的で5年間、シリコンバレー、上海をグローバルに活動。また百貨店の国際組織であるIGDSの加盟企業の代表として年に数回海外での会議に参加、2019年に世界大会を東京で初めて開催し、その責任者を努める。2019年春に新規事業として、都内にバイリンガル幼児園を設立させたのを最後に退任。

現在は日本とシンガポールを行き来しながら、自らも英語、中国語、戦略、マーケティング、CTO、デジタル技術、教育、コーチングなどの知識を高めながら、リテールコンサルティングや戦略コンサルティングを実施。また自ら日本、シンガポールでの新規事業も検討中。

コンサルティングではこれまでの経験を生かしたリテール全般の事業支援。特にドメスティックな視点しか持たない多くの既存小売業への改革支援と事業支援。ローカルな小売店ほど、これからはグローバルな視点が必要と認識。

日本での新規事業キーワードはキャリアマインドセット支援。50代のミドルにこれからの人生100年時代に向けて会社人生に縛られない、第2の人生をいかに充実させるかの支援を模索中。
特に一番大事なのはアフターコロナにおける社会の変化に合わせた社会デザインシステムの構築。単発ではなく、社会全体を考えながらいかに個別論議をするかの視点が今のリテールには欠けていると実感。

シンガポールでの新規事業キーワードは、英語、教育、戦略&マーケティング、統計、プログラミング、コーチング。
今、必要とされる人材は単にデジタルに強いCTOではなく、TO(チーフトランスフォーメーションオフィサー)である。
CTOに必要なものはグローバルとローカルを同時に把握し、使いこなすしなやかな柔軟性と周りに好かれるリーダーシップ力。


シンガポールでの連絡先

Sensing Asia Ltdにおける海外拠点としてシンガポールでの新規事業の立ち上げを企画中。
Haruyoshi Fujino
mail : haruyoshi.fujino@sensingasia.com
TEL : +65-9866-7102

日本での連絡先

Sensing Asia社にて主にリテール業界及び新規事業開発のコンサルティング。
藤野晴由
100-6162
東京都千代田区永田町 2-11-1 山王パークタワー3F
TEL:03-6205-3131
mail: haruyoshi.fujino@sensingasia.com
URL: https://www.sensingasia.com/