コロナで変わる喫茶店、カラオケBOXの役割

スターバックス for Businessの登場があるかも?

最近、いくつかのアフターコロナの分析を読んでいて、気になるワードがいくつかある。その一つがリモートワークだ。
もう、多くの人がわざわざ満員電車で毎日会社に出勤しなくてもいいことはわかってきたのではないだろうか。
しかし、家で仕事をするには難しいという声もよく聞く。小さい子供さんがいる家庭では特にそうだろう。会議中に突然泣き出されたりなどのハプニングが起きる。そもそもそんなに大きい家にみんな住んでいないので書斎がある家庭は少ないだろう。となると、近所の喫茶店などを探すことになるが、これもまた会議をするには適当ではない。個人のプライベート空間ではないからだ。マイカーの中が一番という人もいるが、これもPCを操作するにはあまりよろしくない。
つまり仕事に集中できるプライベート空間の実現だ。

今のところ、We Workのようなシェアオフィスが一番最適と言える。埼玉などでは公共のシェアオフィスも少しでているようだが、この動きは加速するだろう。
個人的にはスタバにビジネスユース専門の店ができるのを待ち望んでいる。これから、オフィスを都心に持たない会社が多く出てくるだろう。その時にWe Workも意外に高いので、もったいないとなるだろう。そうであれば、一人での作業ならスタバで十分だ。今でも多くの人がビジネスで使っている。しかし打ち合わせや会議にはなかなか使えない。会議なら、貸し会議室というオプションがあるが、これはまた安かろう悪かろうという感じのところが多い。美味しいコーヒーはないし。環境は大事でモチベーションや仕事の効率に影響する。
ならば、スタバがビジネスで使える場所を提供すればいいのではないか、と私は考える。

別にスタバでなくとも、ドトールでも良いし、何ならカラオケボックスをビジネスユースで使えるように改装する手もあるかもしれない。三密の場所は一人ならプライベート空間になるからだ。アパホテルが今、東京でホテルを日中オフィスとして利用するキャンペーンを行なっている。これは同じ流れだ。
でも大切なのは、イメージではないかと。仕事を一人でやるのだから、モチベーションをあげないといけない。そのための仕掛けとして、スタバの美味しいコーヒーとか何かフックになるものが欲しい。
コトラーがいつも説いているのは、顧客にどう感動を与えるかだ。ワオという気持ちにさせること無くして、ビジネスの成功はないだろう。

カラオケだと、一人で気分転換に練習ができるというのはとても魅力的かもしれない。

これからは今までの前提を壊して、今の顧客のニーズ、ウオンツに答えること。そしてその中に感動を与える要素がないといけない。
でもチャンスはたくさん、ころがっているような気がする。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です