帰省、旅行に行かなくなったお金はどこにいく?

ストレス発散消費の本命はやはりワンランク上のお家消費

今年の夏休みはコロナ禍でどこにも行かない人が多いだろう。
テレビでは都内でも自然を感じられる奥多摩などにいく人の様子が伝えられている。しかし多くの東京人は過去最高の感染者数が報道される中、お家でなんとかストレスを発散したいと思っている。

そして大事なのは、そういう人たちはお金があるということだ。帰省や旅行用に考えていたお金は使わずに残っている。
普通ならファッションや時計、アクセサリーなどに消費は向かうが、今、外出の機会が極端に減っている中ではそういう人に見せるものは需要が少ない。また美味しいお店巡りも今は躊躇してしまう。
とすると、家で楽しむものに少し贅沢したくなるのが心理だろう。


私も先日炊飯器を買い替えたが、これまでよりもワンランク上のものを購入した。しかし3万円クラスだった。炊飯器には10万円前後のプレミアムクラスもある。しかし、この10万円クラスと3万円クラスでどれだけの違いがあるのかがわからない。私もそこまで出す意味が分からずに売れ筋ランクの商品を買った。

ここがマーケティングポイントのように思える。
今はどうしても安くて良いものをという流れでマーケティングが行われているが、10万円の炊飯器の凄さ、美味しさを伝えることができれば、この10万円を支払うことのできる家庭は今、たくさんあるはずだ。でもその生活提案ができていない。その気にさせることができていない。結局3万円クラスを安く提案することに終始しているようだ。
ジャパネットは10万円の炊飯器を売るべきだ!

昔、流行った一点豪華主義のような売り方が今の時代にはぴったりだと感じる。
コーヒー豆だって、いつもの安い豆ではなく、希少性の高い100グラム3000円の最高級豆とサイフォンかドリップを使うことで至福の一杯をお家で楽しむという提案ができるはずだ。特にレストラン、名店の味を家庭で愉しには器も大事だ。


http://shop.hanaken.co.jp/shopbrand/ct23/?fbclid=IwAR09VxQJjPeRDFxOF5cyDm5482y70qY-9TsoOfvCFJdR915jtGEDn5OoBYA
このラーメン店の通販商品の凄いところは、ラーメンをお店そのままの盛り付けで急速冷凍し、ラーメン鉢もお店のものを届けるので、お家では冷凍になったラーメンをラーメン鉢に入れてレンジでチンするだけで、お店のラーメンが出前されたように食べられるというものだ。
ウーバーイーツや出前館などのデリバリーが人気だが、それはマーケットが東京23区内にほぼほぼ限られてしまう。しかしこのような冷凍宅配ならほぼ日本全国にマーケットが広がる。
大事なのは、このお店から出前をしたような感覚だ。ウーバーイーツでも器は回収の必要のないペーパー容器がほとんどで、お店で食べてる感じがしない。

食は5感で感じて食べるものだ。目で見て、肌で熱を感じ、鼻で匂いを嗅ぎ、耳で音を聞き、そして舌で味わうものだ。
お店からの出前感覚で食べる究極はシェフがお家に訪問して料理をするものだが、これは採算的には厳しいし、名店のシェフは中々来てもらえない。

チキンラーメンでも器がチキンラーメン用の器の方が美味しく感じられるはずだ。なぜそういうものを日清食品は発売しないのだろう?これからのレストランは、お店で提供する料理、器、雰囲気全体をいかに家庭に届けられるかが勝負になるような気がする。
例えば、料亭の作るお弁当は本当に綺麗で美しいし、美味しい。だから5000円でも出したいと思うのだ。
料理が美味しければ良いという時代は過ぎ、また器もオリジナル性が求められるだろう。

こう考えると、お家を起点にしたワンランク上のプチ贅沢消費はもっとあるように感じる。
まだ最低半年はこのコロナ禍の状態が続く。ストレス発散に向けた商品、生活提案には色々とありそうだ。

私は典型的な貧乏父さんだった!ショック!!

コロナで日本人の昔ながらの常識が壊れていくのはある意味良いことだ!

今年1月にたまたま、シンガポールの書店でブラブラしてる時に見つけたのが、ロバートキヨサキのSecond Chanceと言う本であった。タイトルに惹かれてパラパラと読むと、Rich Dad Poor Dad(金持ち父さん、貧乏父さん)の作者であった。私はそれまでベストセラーになっているこの「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んだこともなく、ロバートキヨサキという人物は不動産投資で儲けた人で、あまり興味もなかった。
ちょうど1月は次の仕事をどうするかを悩んでいた時期だったので、タイトルのセカンドチャンスだけで購入した。

ただ、それからコロナや、家庭の雑事などがあり、買った後、あまりこの本を手に取らないできた。で、最近この本を読み出すとなるほどと思うことが多く、セカンドチャンスも結局は金持ち父さん、貧乏父さんの話に繋がるみたいなので、それをネットで調べて理解して、愕然とした。
自分は典型的な貧乏父さんだったのだ。まあ、多くの日本人はそうなのだと思うが、確かに眼から鱗であった。

そこで、皆さんにはまず、私がみたYOUTUBEを見ていただきたい。本を読む必要はない。この11分の動画で中身は理解できる。11分なら損しないと思う。
https://www.youtube.com/watch?v=uWHH8PpnJtU

全ての人にこの考え方が当てはまるとは思えないが、私のような次の人生を模索している人や、若い人でこれからの人生でどうやって財産形成するのか、投資をどうするのかで悩んでいる人にはおすすめである。

簡単にいうと、我々はこれまで、一生懸命勉強して、良い学校に入り、良い会社に勤めて、ある程度出世すれば大成功であり、給与もそれなりに貰え、年金で老後は安心して暮らせるというのが典型的な考えであった。だからサラリーマン人生が良いとされてきた。サラリーマンは投資はほとんどしないし、株、債券は少しはするが、それ以外には手を出さなかった。リスクがありすぎるということだ。
しかし、一方で事業を自らやる人は若い頃からリスクをとって、事業を始めたり、投資をしたりして収入を稼ぐことを覚える。そしてだんだんと大きな事業に育てていく。しかしこのリスクは最初はそんなに大きなものではない。勉強して他の人が気づいていないところに目をつけたり、マーケット変化を逃さずに機敏に行動することが肝心だ。

そう言われてもなあと私も最初はそう感じた。
しかし、やはり、自分にはお金をどう稼ぐのかという意識が欠けていたのだ。詳しくは動画を見ていただければ良いので、ここでは省略するが、貯金というのが一番安全と考えていた私はバカだとやっと納得した。


実はシンガポールにいた時に、アセットマネジメント会社のロシア人女性と仲良くなり、色々と相談に乗ってもらった。
彼女は一番先に、もう円で資産を持つのはあまりにもリスクが高い。確かに米ドルも怖いが、円は国際的に見れば今後は必ず価値が下がるというのだ。一ドル=130円以上になると。だから、米ドルかユーロ、シンガポールドルで資産を考えるべきだと。
最初はふーんと思っていたが、最近のコロナの時代を考えると確かに日本円は厳しいなと感じる。

株式相場も今後はどうなるかわからないし、コロナショックで全ての金融商品はダメージを受けた。そういう時に強いのは金などだ。
自分のこれまでの人生を振り返ると、お金を投資して儲けるというのは悪だというイメージがあった。これは貧乏父さんが考える思考らしい。そして、お金のことを考えるよりも、どう仕事をうまくこなしていくか、人生を楽しむかが大事で、お金のことばかり考えることは、結局お金に振り回されるだけだと思っていた。
しかし、その結果、サラリーマン生活を終えて、次の人生に向かう時に、お金ってなんだっけと自分に問うとなんだかよくわからなくなった。

一応、私はMBAホルダーだし、シカゴまで勉強に行ってるが、正直個人での投資はよくわからない。そういうことは大学でもMBAでも教えてくれなかった。


実際にロバートキヨサキ氏の考え方はいかにお金を回せば良いのかを教えてくれるが、人生をどう生きるかについては何も教えてくれない。お金だけが人生ではないと言えばそうだが、やはりこれからの不確実な時代に生きていく私たちには、この投資に対する考え方、知識は身につけておいた方が良いと感じた。

この動画でも述べているが、ロバートキヨサキ氏の考え方を使って、アパート経営、不動産投資、ネットワーク商法などを進めてくる悪徳業者が多いらしい。それには絶対引っかからないでいただきたい。


大事なのは自分がこの考え方と同時にしっかりと投資や金融の勉強をするこだ。どこの世界にも簡単に儲かる話はない。物凄い儲け話はうちうちの人たちだけで完結する。シリコンバレーの投資家たちはそのネットワークで生きている。将来儲かりそうな優良会社への出資はそういう人たちの中だけで動いているのも事実だ。

だから、やはり良いネットワークが一番大事だ。
最終的には人と人の繋がりが人生における最大の財産だろう。

アフター&ウイズコロナはスピリチュアルマーケットが有望かも

人間はこれからの不安にどう向き合っていくのか?
自然なくらし、あるがままの生き方をどう見つけるのかは自分次第だ!

昨日、たまたま友人の紹介で会った女性がとても不思議な人だった。宇宙と交信ができると紹介されたので、最初はちょっとビビってしまった。しかし話を聞いていくと、彼女の話は自分の願いを明確にして、それを神様(彼女曰くは宇宙)にお願いをすると必ず叶うということだった。
最初は1円欲しいから始まり、10円、100円、1000円と進み、今回は100万も叶ったらしい。この100万円は実は持続化給付金だったとのこと。
彼女曰く、願いを紙に書いて、毎日お願いすることで叶うらしい。
息子さんが自分のベッドが欲しいとパパに頼んだらしい。しかしパパは全く買う気なしであっさりと拒絶されたらしい。そこで彼女は息子さんに宇宙に頼んだらどうと持ちかけた。そして彼はベッドが欲しいと紙に書いて、毎日お願いをしたそうだ。そうすると10日間ほどで、フェイブック繋がりの友人がいらなくなった新品同然のベッドを譲ると投稿があったらしい。しかも息子さんが欲しかったシングルベッドだ。そしてその人から、ベッドいただくことになり、息子さんはとても満足し、またお母さんの宇宙にお願いすることこで、願いが叶うことを信じるようなったという。

ここだけを聞いていると、うーん、どうかなと思ってしまう人も多いのではないか。昔、流行ったナポレオンヒルと同じだなと思う人もいるかと思う。信ずれば通ず、願いを強く持てば、必ずできるといったこととほぼ同じではないかと。
では、この願いは単にお金が欲しいというのはどうなのかと考えてしまう。お金を沢山もらえれば、幸せになるかと言えば、それは違うと誰しもが考える。でもそれなりには欲しいと思うのが、お金だ。
でもお金だけを考えるようになると、人間は間違いなくダメになる。

ちなみに彼女の夢は10年後にハワイで暮らすことだったらしい。あと2年で10年目がやってくるらしい。願いは叶いそうな感じがした。やはりお金は夢には向いていないと思う。

やはり、大事なのは何を人生の目的、ゴールにするかだ。そのゴールを1億円貯めたいとする人もいるだろう。しかし、それは人生の目的にはならないように思う。おそらく、1億円ためると次は10億円、100億円と増えるだけだ。終わりがない。
人間、人生の終わりに100億円持っていても何も幸せではない。

で、今日の本題だ。
その彼女から、初めて聞いた占いのようなヒューマンデザインを紹介してもらった。
https://humanjp.com/human-design/
これは自分の生まれた生年月日と時間でその人の運命ではなく、その人の持つ性格、素質などを明らかにしてくれるそうだ。
詳しくは教えてもらえなかったが、私のケースでは、どこを拠点にするかで大きく自分がパワーを発揮できるかが決まるそうだ。でもその場所は直感で決めるしかないと言われた。また判断するときはよく考えて、冷静になってから判断しなさいと言われた。

確かにそうだなと思う節がある。

実は私はもう10年近く、極力全ての占いを見るのはやめている。自分の人生を占いで振り回されたくないと思うからだ。自分の人生は自分で決めるべきだし、占いの指示で動くというのはちょっと抵抗がある。

しかし、今のコロナ禍ではどんどん、不安要素が増えており、自分だけでは判断できなくなっているようにも思われる。
特に今のような、自分の健康と経済の両立をいかに計りながら暮らしていけば良いのかは誰もわからなくなってきている。

そういう時に、何か指針が欲しいと人間は思う。
それが占いの人もいれば、メンターのようなコーチングを受ける人もいる。また禅の教えに入っていく人もいるだろう。そして昨日のヒューマンデザインというのもその一つだ。
人間は一人で生きていくのは難しい動物だと思う。必ず誰か支えてくれる人が必要だ。それが伴侶であったり、友人であったり、色々だ。それは自由だ。

しかし、今のコロナ禍では、このマーケットがとても大切であり、その人にあった指針を用意してあげないといけないように思う。
人それぞれで、四柱推命の人もいれば、ヒューマンデザインの人もいるだろうし、コーチングなのかもしれない。私も自分には何がぴったりなのかと考えてしまった。

でも間違いなく、何かの指針を人は求めている。それを手助けするニーズは高まっている。
あなたにぴったりの人生の指針はこれだと言ってくれるアプリが出たら馬鹿受けするのではないかと。
これで自殺をする人を救えるかもしれない。だとすると大きな社会貢献だ!

1兆ドルコーチの肝は信頼と無欲

結局お金目当ての仕事、友達関係は長くは続かない

ビルのコーチとしての凄いところは、シリコンバレーでエンジニアでもなく、高学歴でもない彼が、フットボール上がりのコーチとして、いくつもの会社のCEOとして見事に成功した経験と自信がベースにあるからなのだろう。
そして、それをベースに基本、無給でコーチングを引き受けているからこそ、コーチを受ける側も信頼するんだと感じる。お金ではないのだ。


今、流行りのコーチングを見ると、結局コーチングのノウハウを身につけて、コーチとして独立している人が多いように感じる。事実、こういうコーチングビジネスがたくさん出ている。
この人たちはビルのように自分の経験を語ることで、相手を納得させることは難しいだろう。
また、やはりお金がベースであり、基本、お金を払ってくれたら誰でもコーチをするだろう。
ビルは違う。コーチをして良い人かどうかを見極めた上で、コーチを引き受ける。お金がベースではないのだ。

ビルのコーチングは信頼が全ての基本だ。彼は会社の全員をコーチングする上で、一人一人がチームとして機能しているか、チームのために貢献しているかに重きをおいている。

自分の会社人生を振り返って、特に役員時代、役員全員でワンチームで一つになっていたのかと思い返すと残念ながらそうではなかった。これは大きい会社なら、どこの会社でもそうなのかもしれない。結局、組織はチームとして機能しなければうまくは行かない。みんなそれは分かっているけれども、なぜそうならないのか。結局みんな、お金で動いていたのかもしれない。

昨日、TBSの半沢直樹を見ていて感じたのは、そこまでしてみんな会社の中で偉くなりたいのかなということだ。
最近、若い世代の人と話していると、そういう雰囲気は全く感じない。だから、彼らに半沢直樹はどいう映るのかを聞いてみたい。
昔のようなヒエラルキーの塊である大会社ではなく、フラットな組織であるベンチャー企業が人気が出ているのもこういうところではないかと感じる。

まずは、人のために、お客さまのためになることをする。お金になるかどうかはあとで考える。そう言われて会社で育ったつもりが、結局、取締役会では社外取締役、マーケットでは投資家からいくら儲かるのか、効率は良いのかばかり聞かれるのが実情だ。
まず、そこが変わってこないと会社は変わらないだろう。

あとは、一人一人がイキイキと楽しく、誇りを持って仕事をしているかだろう。
そういう組織で残された人生を過ごしてみたい。

1兆ドルコーチに思う

コーチングする上で大切なのは、伸びない人はコーチしないことってどういうこと?

今日からは今読んでいる「1兆ドルコーチ」について少し考えてみたい。
この本はアメフトのコーチから、優秀なプロ経営者となり、その後、スティーブジョブスやグーグルの会社をコーチングし、シリコンバレーでは伝説のコーチングプロとして有名なビルキャンベルの物語である。
この中には会社を経営をする上で大事なことやコーチングについて色々と書かれている。

会議の方法、特に取締役会の進め方は読んでいて、自らの経験を振り返るとなるほどと思えることがいくつもあった。
例えば、最終的には決めるのはCEOであり、それを他の取締役は尊重すべきだが、基本は全員が自由に意見を述べて論議できる雰囲気を作らなければいけない。またそのためにはCEOはある時はみんなの輪から一歩下がっていなければいけないと。

この話を読んで、星野リゾートの星野代表の経営スタイルを思い出した。
彼は大きな方針を自ら出すが、それ以降の大部分、特に個々のホテルでの経営については全員で決めるスタイルをとっている。テレビでその模様が出ていたが、とても自由な雰囲気の中で、かつ全員が真剣に討議していた。
やはりリーダーによって会社は変わるなと感じる。


若い頃、百貨店のお店のナンバー2である店次長にこう言われたことがある。
「いいか、藤野くん、覚えておきなさい。店長と店次長の差は店次長と新入社員の差よりも大きいんだよ」
当時はそんなことはないだろうと思った。
しかし、自分が店長になったときに、この言葉はなるほどと感じた。
また取締役になり、常務になった時も、社長と常務取締役の差は同じように取締役とマネジャーとの差よりも大きいと感じた。
これは私のいた会社の文化だったのかもしれないが、確かにリーダーという存在は組織の中では絶対であり、唯一のものなのである。それは百貨店の店長というのも、一国一城の主という意味ではある意味同じなのかもしれない。

今日の本題は、この中でビルがコーチをするときにコーチできる人材かどうか(本書では教えられる側の人間がコーチャブルな人)を見極めてからコーチをするということだ。
ビルが求めたコーチャブルな素質とは「正直さ」「謙虚さ」「諦めず努力を厭わない姿勢」「常に学ぼうとする意欲」である。確かにコーチはいかにその人の能力を伸ばすかだ仕事だが、相手が人のいうことを聞かない、努力をしなければいくらコーチしてもダメだし、やはり素養というかその人の能力そのものがなければいけない。

これを読んでいて、同じ話を思い出した。船井総合研究所の故船井幸雄の言葉だ。以前にも紹介したと思うが、彼が経営コンサルタントを引き受けるかどうかを判断する基準は相手の社長が「まじめ」「素直」「勉強熱心」であるかどうかである。
これはビルの求める資質と全く同じである。

私はこの中でも謙虚さ=素直であることが大事だと感じる。自分の経験でもやはり、会社に入り、それなりに結果も出してくると謙虚さがなくなってくる。また仕事への自信が過信、傲慢になってくることがある。私も少し反省しなければと思う。ビルは本書でコーチングの根底には人の価値は肩書きや職務ではなく、心の持ちようで決まるという。
人間、どう自分と向き合うのかを常に問わなければいけない。少しぐらい仕事がうまく行ったとか、収益をあげれたとか、マスコミに取り上げられたとか、講演に呼ばれたとかで、自分を過信してはいけない。常に謙虚に自らを戒めることが大切であり、そのためにコーチが存在するのではないかと。

これまではいいコーチには残念ながらあまり出会えなかった。これからの人生でいいコーチに巡り合えることを楽しみにしている!まあ自分がコーチとする年齢かもしれないが、まだまだ修行が足りないなあと感じる。

大衆食は世界を制することができるか?

東京ヴィーガン餃子が登場!

私の友人がこの度、東京ヴィーガン餃子を始めました。
https://tokyovegangyoza.com/ja/

この餃子は一切肉を使わずにヴィーガン対応(ヴィーガンは、ベジタリアニズムから生した分で、にとどまらず「生活から動物由来のものを排除しよう」という「全菜食義」(ヴィーガニズム)の考え方であるをしています。)
これを作ったのはSF在住の吉川さん。
なぜ餃子なのかと彼に聞くと、彼の子供さんが菜食主義者の中でもより厳しい規律をもつ、ヴィーガンになったそうで、家でのパーティではBBQなどがなかなかできなくなったと。特に食に対する関心の高いサンフランシスコではそうなのかと感じる。
それで、肉なし餃子ならどうかと、大豆でできた人工肉を使った餃子で試したところ、みんな大喜びしたそうでそれがきっかけのようだ。

吉川さんによれば、餃子は日本でも大衆食であるが、世界中で餃子とほぼ同じものが食べられている。しかしその起源や歴史はまだ整理されていないと。それを彼は紐解きながらも、これからのサステイナブルな社会で健康的に暮らすための大衆食として、餃子を世界に広めていきたいと考えている。

今、二子玉川で期間限定でショップを出されているが、残念ながらコロナの影響もあり、私はまだ食べていない。実際に食べた友人からはお世辞抜きに美味しいとのコメントをもらった。早く食べてみたい!

では、餃子のような大衆食で世界を制することはできるだろうか?
一般的に大衆食で味に差をつけることは難しいと私は考える。確かにたこ焼き、お好み焼き、ラーメンなどのお店で繁盛店があり、行列のできる店と美味しいとは思えない店はすぐにわかるものだ。
ただ、繁盛店だけでなく、意外と美味しいお店は結構ある。つまりある程度のレベルの味を越えれば生きていけるのも大衆食ではないだろうか。

これをマーケティングの視点で見ると、やはりセグメンテーションとターゲットと経験の回数ではないだろうか。
例えば、餃子を取りあえげると、私は大阪出身なので、王将の餃子に小さい頃からお世話になった。今でも王将の餃子を食べたいと思う時がある。ではこの王将の餃子の味は本当にずば抜けて美味いのかと聞かれると、そうとは思えない。
これは蓬莱の豚まんにも同じことが言える。

王将の餃子も、蓬莱の豚まんもターゲットはファミリーだ。誰が食べても美味しいと言える味を目指している。
かつて大丸東京店のデパ地下でNO1の売り上げを誇っていたお土産菓子「東京ばなな」の社長から、東京ばななの味の秘密を教えてもらったことがある。
東京ばななの味は東京出張で地元に帰った時に、お土産で買ってきた東京ばななをもらって食べた子供さん、職場の同僚、部下の人が、「うん、美味しかった、また食べたい」と言ってもらえる味を目指している。だからコストのかかる高級なクリームや材料は一切使っていない。高級なパティシエの味と競う必要はないと。

ターゲットは子供であり、普通の人なのだ。ターゲットを明確にしている。そう、大衆だ。
王将の餃子も蓬莱の豚まんもターゲットはファミリーだ。だからこそ、大衆食と言えるのではないか。
そして小さい時からの食の経験が味を脳の中に刷り込み、そして離れなくしている。チキンラーメン、カップヌードル、吉野家も大衆食と言えるのはそういうことではないだろうか。

そう考えると、私の友人の始めた東京ヴィーガン餃子は大衆食と言えるのだろうか。ヴィーガンというコンセプト自体がまだ日本では一般化していない。なのでターゲットは健康意識の高い人になるだろう。しかし、ここでのポイントは味と値段のバランスだ。
王将の餃子にしても、蓬莱の豚まんにししても間違いなく安い。だから、誰でも食べることができる。
東京ヴィーガン餃子は1個40円なので、大きさにもよるがリーズナブルと言える。
また、二子玉川という立地で最初に展開するのには、結構意識の高い人たちが集めるエリアであり、ニューファミリーをターゲットにするのはいいかも知れない。
あとは、味がどこまで多くの人にとって美味しいと言えるかどうかが、大衆食になるかどうかではないだろうか。
素材にこだわり、味付けなどにこだわると、子供たちの素朴なニーズにどこまで応えられるかになってくる。

私は東京ヴィーガン餃子が誰をターゲットにして、大衆食の位置付けなのかどうかも知らない。
ただ、みんなが気軽に楽しめて、みんなが美味しいと言える大衆食はどんどんでてきて欲しいし、それが日本から世界に拡大するのは楽しみです。
ガンバレ、東京ヴィーガン餃子!!

リベンジ消費は本物か?

大型家電は活況だが、車や百貨店は不振の意味するものは「言い訳できるストレス発散消費」だ

昨日の日経ではボーナスが減る中で、大型家電がよく売れており、リベンジ消費と報道されていた。高級な家電製品を求める若者などで賑わっているようだ。
アメリカや中国でもリベンジ消費として5月の小売の急回復を伝えている。アメリカではアパレル、家具、スポーツ用品の伸びが大きかったようだ。
一方で車や百貨店での動きは鈍い、特にアパレルの動きが悪い。これは顧客が消費を抑えようとしている現れなのだろうか。

私は全体として消費力そのものは落ちていないと考える。確かにコロナの影響で多くの人が職を失ったり、厳しい生活を余儀なくされているのが報道されているが、もともと、車、百貨店などの耐久消費財を買っているメインの層は中流階級であり、今の段階で中間層にコロナによる経済的ダメージが直接は及んでいないと考えらる。ただ、前回も話したが、このままだと多くの企業が連鎖的に苦境に陥り、中間層にまで失業が現実のものとなるだろう。

今、消費者、特に中流層以上は外出を控え、家でできるだけ過ごしている。だからお金は使っていない。しかしそんなに収入は減っていない。また国から10万円の給付金をもらった。結論として貯金は増えているのである。
だが、この先が見通せないので、使うべきかどうかを悩んでいる。これが実態だ。

今は家での生活が今はメインだ。だからこそ、家での生活に必要なものを買いかえることは罪悪感はない。家電は必需品なのだ。必要なものだから、冷蔵庫を買いかえる、でも少し良いモノにしたい。お金はある。だから思い切って高級家電にしてしまう。

私は高級家電はリベンジ消費ではないと考える。こういう時でもお金を使うことに罪悪感を覚えずに大金を出して、ストレス発散のために高級家電を買うという、「自分に言い訳のできるストレス発散消費」だと感じる。

こう考えると、今売れているモノの動きがわかりやすい。
家で必要な高級家電、健康のためのサプリ、健康器具、ウエア、料理をするための高級食材、ホームワーク用のパソコン関連商品などだ。高くても今、必要なんだからとなればお金は出す。医療機関でお金を払うのに罪悪感を持たないのと同じだ。

一方で、車はどうだろうか。もし今後の災難避難のために家の充電につい買える電気自動車なら、自分に言い訳できる消費にならないだろうか。高性能の電気自転車がよく売れているのもうなづける。通勤のために自転車を買うことには何の罪悪感もない。

今の消費者は自分に言い訳できるかどうかがポイントなのだ。
消費者はお金は持っている。でも使う気分にならない。使うのが怖いのだ。だから若者は投資を始めたりしている。

企業が今考えるべきことは、消費者が自分に言い訳でのできる商品、サービスをどう提案するかだ。
レストランでも、免疫力の高い食材などを中心にしたメニューの開発などをすることで外食をすることに自分で言い訳ができるのだ。

みんな、ストレス発散で遊びたい、パーっとお金を使いたい、美味しいモノも食べたいのだ。でもそれには言い訳が必要だ。

オンワード樫山とZOZOの提携が意味するものは

大量の失業者が出る予兆

昨日の新聞報道でオンワード樫山とZOZOとの提携が発表された。記事の中でこう書かれている。
オンワードは2020年3~5月期の最終損益は24億円の赤字(前年同期は16億円の黒字)に転落した。店舗数はこの2年間でほぼ半減の1600店舗になる見通しで、利用が伸びる電子商取引(EC)の強化は喫緊の課題だった。自前で利用者を増やすには限界があり、年間800万人の顧客を持つZOZOとの連携で集客力を高める。

この中で注目は今後2年間で1600店舗の店がなくなるということだ。これはオンワードだけの問題ではない。他のアパレルメーカーも同じ状況であり、三陽商会やワールドも同じ動きをするだろう。
そうなると全国で今後少なくとも5000店舗以上のアパレルのお店がなくなるということだ。
この秋から、噂では駅ビル、百貨店、ショッピングセンターからの大量退店が起きると囁かれている。
アパレルとしては、販売チャネルの拠点を店舗からネットに移行することで、生き残りを目指すのは当然である。

これまでの駅ビルや百貨店のドル箱はアパレルショップである。粗利益の高いアパレルが高い家賃、益率で入店してくいれた。食品、サービス業は人気があっても収益的には低い。だからこそ、オンワードと百貨店との蜜月は続いてきたのだ。
しかしコロナの影響で人が店舗に来なくなることで、店舗の販売チャネルとしての優位性が崩れてしまった。アパレルは生き残りのために退店せざるをえない。しかし、駅ビルなどはその代わりを見つけることは今の段階では厳しい。
恐らく、売り場を全て埋めるのが難しいのではないかと予想される。

ではどうなるのか。まずアパレル販売員の解雇が始まる。まずはアルバイトから、そして契約社員、そして正社員へと連鎖が広がる。その後、収益の落ちる駅ビル、百貨店は経費削減のために人件費の削減に向かう。これも同じく、アルバイトから正社員へと続く。

都心の店舗に人が集まらなくなれば、その店舗の価値は下がる。とすれば、家賃も下げなければいけない。しかし今の状況では多少の家賃を下げても、入居したい店は少ない。誰しもリアル店舗よりもネット販売に力を注ぐのが当たり前だ。

また、働く人たちも都心で恐怖と向き合いながら仕事をするよりも、郊外の安全な場所からテレワークで過ごしたいと思い始めている。そうすると人々は都心にはもう今のようには集まらない。消費はこれまでのように都心に集中することなく、ネットと郊外に移っていくだろう。
アマゾンは過去最高の株価を付けて急成長してつづけ、ニトリ、ワークマンなどがネット、郊外店舗で人気を集めている。

では、駅ビルや百貨店はどうすれば良いのか?
もともと、百貨店は少し贅沢をしたいという人をターゲットにハレのオケージョンに向けた商品に強かった。特に冠婚葬祭などや誕生日などの特別の日に使う、ラグジュアリーなお洋服、雑貨などで収益をあげてきた。
しかしそういうオケージョンニーズそのものが今、減ってきている。
例えば、婚約、結納、結婚式、両家の引き合わせなどでは色々な商品ニーズが生まれるが、それらが簡素化してしまい、改まった服などいらなくなっている。結婚式でフォーマルスーツを着ている若い男性は非常に少ない。

こういう中でも、人が集中的に集まる場所ではまだまだマーケットはあった。
しかし、これが郊外となるとマーケットが小さくなり、高級品マーケットは非常に小さくなり事業としては成立しない。
私の経験でも、郊外の地域ではデパ地下を主体にしたミニ百貨店は上手くいかなかった。都心でも三越恵比寿店も閉店になると聞く。
人が郊外に分散する中で、郊外での高級品マーケットの展開は成立しない。また、ちょっとハレの感覚の食料品も成立しない。

しかし、そうは言っても、ハレの消費をしたい人はいるし、その数自体は全国レベルで見れば、まだ減っていない。分散したに過ぎない。
ではその分散した消費者をどう集めるのか。それはまずはネットしかない。しかし、彼らを満足させる高級マーケットのオンラインサイトは存在していないのではないか。

確かにルミネ、マルイ、各百貨店がオンラインサイトを展開している。しかしそこのブランドとして際立つものがあるだろうか。ここで買うとアマゾンや楽天とは違う興奮、ワオと思えるものがあるだろうか。
サイトの構成、展開商品など全てにおいて、ブランドとしての完成度が低い。
思えば、店づくりを長年してきた私の目からすると、お店の改装には何億ものお金を毎年改装工事に費やしているのに、サイト制作、運営などにはあまりにもお金をかけないできた。またブランディングもしっかりとできなかった。

ZOZOの方がひょっとすると、百貨店のサイトで買うよりも高級感があるかもしれない。
結局、全てのお客様を気にするあまり、一般的で個性のない表現、ブランドでしかないのが今の百貨店と言える。

しかし、今問題なのは、この大量閉店により生み出される失業者をどう対応するかが一番である。
IT業界への転職というのは、若い世代であればまだ考えられるが、中高年では厳しい。

ヒントは郊外にある。なぜならマーケットが生まれるからだ。人が動くところにマーケットは生まれる。しかしそれは大きくはない。小さなマーケットを囲い込んでいくマーケティング戦略が必要だ。
私の住む、真鶴には東京から移住してきた若い夫婦が経営する、美味しいパン屋さんとピザ屋さんがある。どちらも繁盛している。これは一つのヒントと言える。
失業した中高年が都心でタクシーになるもの厳しいのが今のコロナ禍だ。

都心で活路を産むことを考えてはいけない。これからは郊外、田舎だ。ポイントはどこに人が動くかだ。そこにチャンスがある。

消費そのものは決してなくならない。分散するだけだ。

NEWシリーズ#6 コトラーのマーケティング4.0を斬る

デジタル化によりさらに高まる人間性の魅力

本書の第8章「ブランドの誘引力を高める人間中心のマーケティング」では、世の中がデジタル化し、多くのことを人間ではなく、機械がこなすようになればなるほど、人間はより人間らしいものを求めるようになると説いている。
これは全てが合理的、効率的に処理されてくるようになると、人間はどこかでゆとり、安らぎなどの感情的なものを求めるのである。
東大卒のエリートでなんでも出来るけれど、常に理屈ばかりで面白みのない人が組織のリーダーにはなり得ないだろう。
どこかに人間らしい魅力があることが、これからのデジタル社会ではさらに重要になる。

本書では他者を引きつける6つの人間的特性として、6つあげている。
身体的魅力、知性、社交性、感情性、パーソナビリティ、道徳性だ。


身体的魅力は企業で言えば、カッコよさである。製品、サービスのでざいん、品質、性能がクールかどうかである。

知性はその企業に新しい知識、アイデアを生み出す力があるかどうかである。

社交性は常に顧客と恐れずに対話できる覚悟があるかどうかである。トップ自らが恐れずに顧客と向き合う姿勢とも言える。

感情性は顧客の心に訴えて、それを他者に伝えたいと思わせるような企業、ブランドであるかどうかだ。これは企業にそのようなパッションがあるかどうかだ。

パーソナビリティは企業が自分の強み、弱みをしっかりと把握し、それを高めるための努力を続け、それを顧客にも明らかにしているかどうかである。人間力の強さは弱みを相手に見せることも大切なのである。

道徳性とは倫理的で、強い誠実さを備えていることをいう。まさしくコーポレートガバナンスである。企業として誠実に社会の一員として行動しているかどうかである。

このような人間的魅力を全て兼ね備えている人物をあげるとしたら、すぐに目に浮かぶだろうか?
でも企業なら意外に簡単と浮かぶのではと。
テスラ、アップル、グーグル、ヴァージンなどではないだろうか。結局は創業者とダブルかもしれないが。
残念ながら、日本の小売業で名前は浮かんでこない。

おそらく、ブランド、企業に人間性を持つためにはこれまでとは違うアプローチが必要なのではないかと。
つまりそれはヒエラルキーを基本にした企業組織の解体ではないかと。
自分もMBAの教育を受けた端くれとしては、経営のプロが多くの企業の中には少ないと感じる。MBAでも最終的には人間力だと私は感じた。頭の良い人だけならいくらでもいる。でもそれだけでは、経営はできない。
自分の経験でもマネジメントには王道はない。山登りのようなものでいくつもの道、手段がある。しかし、どのルートを取るにしても、チームは同じである。そのチームをどう作り、どう結束して困難に向かっていくのかは同じである。

一人で上記に述べた魅力を全て持たなくても、チームでそれが補完できれば問題ない。そのチームづくりこそが経営の肝のような気がしてならない。
日本の大企業はワンマン経営ができる創業者がいない会社がほとんどだ。だとすればチーム経営ができなければ会社は滅びる。
今こそ、苦難に立っている企業はチーム経営をすべきだし、そのための改革が必要だ。どうしても自分が社長になるとワンマン経営したくなるのだろう。そしてチームではなく、部下経営になってしまうのだ。

部下経営というのは、結局全員を自分よりも能力が低いと考えてしまうことだ。そして人は信用することができるかどうかではないだろうか。企業の中で信頼関係を作ることは本当に難しい。でもそれがなければ良いものはできない。
これは私の経験からも言える。そのための努力を企業人、特に上に立つ者はしっかりと認識するべきだろう。


最近、TVでジャパネットたかたのCM沢山見ません?

NEWシリーズ#5 コトラーのマーケティング4.0を斬る

最近、家にいることが多いので、いつもよりTVを見ている気がする。で、感じるのはジャパネットたかたのCM放送がやたらと目に付く。昨日はケルヒャーのスチームクリーナーをやっていた。最近、真鶴の家に一人でいるので、床掃除が気になっていて、フローリングの汚れ、網戸の汚れ、レンジ、コンロの汚れを一気に綺麗にしてくれるスチームクリーナーが気に入った。それで、私は放送を見ながらスマホでケルヒャー、スチームクリーナーとグーグル検索して、他で安く売っているところを探すことにした。
これがコトラーの本でも出でくるが、一般的な消費者の行動だ。情報をリアル店舗やTVなどいろんなところで集めて、最終的にはネットで一番安いところを探して購買するというものだ。
以前は百貨店などの小売店舗で問題になったショールーミングという現象だが、これがTV通販や雑誌広告でも同じことが起こっている。
一方で若者はwebルーミングといって、ネットで調べてから、実際に店舗で試着してから買うという購買行動も見られている。ネットと店舗の使い分けがますます複雑になっているのだ。

さて、ジャパネットのケースに戻ろう。私はどこが一番安いかを探そうとしたが、なかなか分からなかった。それはジャパネットの売り方にあった。スチームクリーナー本体はどこで買っても同じものだが、ジャパネットはオプションの付属品をオリジナル化しており、そのオプション製品が別で買うと15000円相当だと訴求している。しかし、そのオプションが本当に15000円なのかどうかが、ネットで調べても良く分からない。そしてセット価格が18800円と他のサイトと比べてもそんなに安くはないが、高いとも言えない。そして7月21日までの限定価格ということで早く買わないといけない気分になる。なかなかうまい販促だなと感じた。
https://www.japanet.co.jp/shopping/steam-cleaner/index.html?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=shamei&utm_term=steam-cleaner_shamei_kw&gclid=Cj0KCQjwoub3BRC6ARIsABGhnyZ0Fe9n353vdsA7m0nvVi9kKek0uTWXX_27wKkPIuTWqlMF06bt2bIaAryCEALw_wcB

ここでまずジャパネットたかたの基本戦略について考えてみよう。
ジャパネットのメインターゲットはシニアである。しかも、あまりITや技術には詳しくない人たちである。だから、チャネルはシニアが良く見る、新聞、チラシ、そしてTVなのである。今や、TVはシニアがメインのチャネルであり、だからTVでの販促が増えている。TVの広告宣伝費は昔に比べると相当安くなっている気がする。
そして、ジャパネットの特徴は顧客のお悩みをどう解決するかがメインとなっている。スチームクリーナーや高圧洗浄機などは、家の暮らしで気になっていることをシニアでも簡単に解決できるような提案にしているのである。
そして価格については、顧客がネットで他社と比較検討するのを前提にしたセット商品にしている。これはオリジナル商品に近い。事実、電子辞書などはシャープと共同開発としてオリジナルモデルを販売しているので、価格が安いのか高いのかがわかりにくい。
シニアはあまりネットで他社比較するという行動まではしないし、注文も電話が主流だ。ジャパネットは何とかネット注文に移行させたいと、ネット注文で5%オフを展開しているが、なかなかハードルは高いだろう。

このように、ジャパネットの戦略はシニアの生活におけるお悩み解決をメインにした展開を行い、そこから主婦を次のターゲットにしている。商品を売るのではなく、家の中での暮らしの悩みを解決するための提案を行うことを前面に出している。
この戦略は素晴らしいと言える。特にシニア層に向けての展開としては良く考えられている。

では今後はどうなのだろう。
私はこのままでは百貨店と同じ道を辿るような気がしてならない。コトラーはマーケティング4.0で、これからのターゲットは「若者、女性、ネチズン」であると述べている。
ジャパネットは若者はターゲットにしていないし、若者も全く興味がないだろう。また女性もミドルからシニアの主婦はターゲットになるが、トレンドを気にする独身女性などはターゲットにならない。ネットをメインにした人の集団であるネチズンもジャパネットは興味がない。ジャパネットのサイトは良く考えられてはいるが、どうしてもメインターゲットのシニアを意識したものにならざるをえない。

マーケティング戦略の基本はWHO,WHAT,HOWだ。誰に何をどの様に提案するかが明確でないといけない。明確にすればするほど、差別化になり、ブランディング化が成功する。
ジャパネットはこれまではシニアに向け、シニアのお悩みをわかりやすく伝えて、共感を得ながら、それを解決する商品、サービスを提案することで成功してきた。
しかし、これからのデジタル時代になり、若者、女性、ネチズンに向けた展開をどうしていくのかが大きな問題になってくるだろう。
きっと、社内ではすでにこの課題を認識し、解決策を模索しているところだろう。
これまでの創業者の高田社長の個性が強烈で、そのブランドが残っているとなかなか新しいターゲットに向けた展開は難しい。
これはアパレル企業でも同じことが言える。例えば、オンワード樫山ではいくつものブランドがターゲットごとにある。しかし、オンワードというブランド自体はやはり昔のイメージをひきづりやすい。しかし、若者向けのブランドにはオンワードであることをあまり気づかれない様にしている。同じ会社でもブランドごとにターゲットを変えることは出来る。
ジャパネットでもジャパネットではない、ブランドを使いながら、違う個性、特徴を出したネット販売が出来るかもしれない。こうした取り組みを早くしなければ、これからのデジタル社会では乗り遅れてしまう。

個性が強ければ強いほど、特徴化は出来るが、それを変えることは難しい。であるなら、新しいものを一から生み出す覚悟が必要なのかもしれない。

ジャパネットには創業者に代わる、ユーチューバーのような若者受けする、個性的な司会者が登場するネット番組が必要なのかも