ノジマ電器について思う

ノジマの社員は本当にお客様の味方なのか??

CMを見ていていつも思うのだが、ノジマの売りは販売員が全員社員であること。取引先からの応援者がいないから、お客様の身になって商品をご提案できるということだ。つまり押し売りはないということだ。

これは本当なのか。

デパートの紳士服売り場で取引先からの派遣販売員と一緒に販売していた時を自分を思い出す。

今から30年以上前はデパート、特に紳士服売り場では百貨店の社員が自分で仕入れて自分で売るのが普通だった。私は新入社員でジャケット&スラックスの売り場に配属されて、毎日スラックスをメインに売っていた。

その当時、ダーバンなど数社から派遣社員もいて、みんなで販売していた。当然、取引先から派遣された販売員は自分のブランドの商品を売らないと成績にならない。だから、できるだけ自分のブランドを勧めていた。しかし、私の経験ではどの販売員も押し売りをしてクレームが来たという経験はない。

例えばジャケットを売る時、お客様に最後に3つぐらいの候補をお見せして、お客様にいいところ、悪いところをお伝えしながら、その中に自分のブランドを必ず一つ残して、最終的に自分のブランドのジャケットをお客様が選ぶように仕向けていた。これが販売テクニックだ。

ほとんどのお客様は満足して購入されて帰っていった。

新入社員だった私は、そのテクニックを押し売りだと最初は思っていた。そして、ノジマの社員と同じように本当にお客様のご要望にあった一着をご提案できるのは、百貨店の社員である私だけだと思い込んでいた。

しかし、実際に販売の場面では、結局お客様のご要望に合わせると最終的にどれをご提案していいのかわからなくなるのだ。商品にはやはり一長一短があり、完全にお客様のご要望にぴったりのものはない。そして、いつまでもお客様のご要望ばかりを聞いていると、ついにはお客様も私もどれがいいのかわからなくなり、結果販売につながらず、売り上げにもならないことが多かった。

一方で取引先派遣の販売員はテクニックを使いながら、お客様のご要望をうまくリードして自分の思い通りの商品を販売していた。

果たして、本当にお客様のご要望にそった販売とは何だろうかとその時に思った。

そして、その後自分にも販売テクニックがついてきたところで、当然仕入れているブランドの個別の目標に合わせて結局はお客様のニーズ、ウオンツにあわせながらも、売りたい商品を販売している自分がいた。結局、やっていることは取引先派遣の販売員と変わらないのだ。

ノジマの社員が本当にお客様側に立って販売をしていたら、売り上げの効率は確実に低いと言える。やはり、限られた品揃えの中でいかにお客様に最大の満足を与えながらお買い物をしていただけるかが販売のプロではないだろうか?

それなら、ジャパネットたかたの方が、炊飯器ならこれを一押しという形で売っていく方がいいのかもしれない。

あまり、お客様に選択の自由を与えすぎると、かえって選べなくなる。

これが販売の面白いところかもしれない。

まあ、こういう経験は今の百貨店の社員hがしたこと少ないだろう!商売人じゃないだよな。それだと!

ノジマの社員は商売人と言えるかもしれない!がんばれノジマ!

小田急百貨店がなくなる!

電鉄系の小田急百貨店が閉店!

ついに小田急百貨店が閉店を発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/afac8422f6c4e246f06ed2480784e510671cdf19

詳しくは上記の記事を読んでほしいが、2022年9月で営業を終了する。
この動きは加速するような気がする。

というのも都心の電鉄系百貨店のビルは再開発の時期に来ているからだ。
既に東急百貨店は渋谷の駅のお店はないし、京王百貨店のビルも再開発の対象だ。

池袋でも西武、東武百貨店のあるビルでも再開発の計画はあるだろう。

結局、もう駅ビルと百貨店の違いがなくなってきたのが原因だ。
昔なら、百貨店にしか入っていない商品がたくさんあったが、今ではどんどんその分野が減ってきた。ラグジュアリーや高級時計、美術工芸品などしかなくなった。

デパ地下といわれた食品フロアも駅ビルで同じようなラインナップが揃うようになった。

これは一つに施設のオーバーキャパもあるのではないだろうか。
コロナ後を見据えると、もう物質文化から精神文化へと移る気がする。

また、中流消費文化も終わりを告げようとしている。
そういう中で、あまりラグジュアリーにも強くなく、外商組織も強くない電鉄系百貨店の存在意義はなくなってしまったのだ。

しかし、それは老舗呉服系の百貨店にも同じことが言える。

百貨店という言葉の定義をもう一度、再設定する必要があるように思える。
コロナ後に求められる百貨店とは何かを、今いる業界の人たちは真剣に再定義するときではないだろうか

本当の意味での高級百貨店を作ろう

K字経済ではLVMHをベンチマークする必要あり

日本には本当の意味での高級百貨店は存在しない。

昔、若い頃にニューヨークのブルーミングデールズに日本の百貨店の人間はよく行っていた。
当時は百貨店劇場論というのがあり、百貨店の売り場は舞台であり、販売員は演者であり、いかにお客様に感動と興奮、満足感を与えるのか、それを場の雰囲気と演者のサービスで実現するのだということであった。

その象徴がブルーミングデールであった。
特に年に数回開かれる海外展はそのスケールや買い付けた商品のバラエティさだけでなく、その国の文化なども提供されており、まさに文化を伝えるイベントであった。

そんな中、ブルーミングデールはNYで最高級の百貨店ではなかった。サックスやバーグドルフグッドマンの方がより富裕層を相手にしていた。

だからこそ、日本の百貨店にはブルーミングデールがぴったりだったかもしれない。

いまや、NYの百貨店もかつての勢いはなく、日本と同じような状況になっている。

しかし、今回パリでLVMHがオープンさせたサマリテーヌはこれからの百貨店の生きる道を示す一つの方向だろう。
詳しくは下記の日経の記事を読んでほしい。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR24EYO0U1A620C2000000/

中流社会が終わりを告げている。特にコロナ後の社会でさらに貧富の差が激しくなるだろう。
いわば、欧米のようになると言うことだ。つまり、特定少数の富裕層と中流以下の大衆に分けられるのだ。だとすると、日本で今のような大衆を相手にしている小売店は必要とされない。

で、日本にはなくて海外にある百貨店は何か?

本当の富裕層を相手にした百貨店なのだ。

昔はこう言う百貨店は必要とされなかったし、そもそも日本の社会では受け入れられなかっただろう。しかし、コロナ後の社会は違う。

そして、最も大事なことはこれまでの百貨店の外商などのお客様は海外から比べると、大したお金持ちではなかったと言うことだ。

そもそも百貨店の外商顧客は医者、弁護士、資産家などの人たちで構成されている。しかし今の世の中で、資産を10億、100億と積み上げているのは30歳前後の若いIT世代、金融関係の世代だ。

彼らは普段、スーツを着ないし、欲しくもない。車もフェラーリとかに乗りたい人は少ない。

でもリシャールミルの時計はほしいのだ。最低でも1000万近くする時計で、自分のほしいモデルを気長に待つらしい。

こう言う新しい富裕層にとって居心地の良いサードプレイスになるのが今回のLVMHが目指しているサマルテーヌではないだろうか。
実際に私はこの目で見ていないので、なんとも言えないが新しい富裕層というのはコロナを境に多く生まれている。彼らにとってのサードプレイスづくりをどの小売業が仕掛けられるのか。

こういう店は日本にいくつも必要ない。例えば銀座のGINZA6も一つの事例だ。
この店の存在価値は銀座の中央通り、6丁目のど真ん中にあるからこそ、価値がある。だから同じコンセプトのお店はもう存在し得ない。

今必要なのはコロナ後に生まれた新富裕層のためのサードプレイスづくりだ。

これからの百貨店の生きる道のヒントはラグジュアリーブランドにあり

リアル店舗の重要性を最も活用できているのはラグジュアリーブランドだ

先日の中国のサイトに興味深い記事があった。

実店舗の高級ブランドショップに投資すべき4つの理由

ここでのポイントは以下だ

1、販売員とのコミュニケーションや、商品を見たり触ったりできることは、ラグジュアリーな体験に欠かせない要素であること

2、説得力のあるラグジュアリー・ストーリーは、店舗での強力なブランド体験を構築することで実現できる

3、お客様は、店頭での受け取りやオンラインでの購入/店頭での受け取りという選択肢がもたらす快適さや利便性を高く評価しいる

コロナ禍の今でもラグジュラリーブランドは堅調だ。その理由は所得の2極化が進み、富裕層の購買意欲が旅行、食事、エンターテイメントからブランド消費しかないということもある。

しかし、このラグジュアリーブランドをやはりお店で買いたいというエモーションは富裕層のみならず、一般顧客でも同じはずだ。

コロナ終息後は、家の巣ごもり消費における実利性、や価格重視ではなく、お買い物にエンターテイメント性、買い物することで得られるストレスの発散、非日常空間などが大事になってくるだろう。

今、田舎暮らしが注目されてる。それだからこそ、都会の百貨店や専門店は田舎にはない、品揃えと環境、サービスが求められる。

地方の百貨店でもやれることはある。都会の百貨店に行かずとも味わえる非日常性をいかに演出するかだ。

先日、銀座シックスのお得意様専用サロンに行く機会があった。ここでは普通の百貨店の外商サロンとはレベルが違っており、ダイナースなどのカード会社が設置していお得意様サロンよりもゴージャスだ。アルコールまでフリーで飲める。

空港でもJAL、ANAなどが利用頻度に応じてラウンジを設けているが、こういうお買い上げ金額に合わせたラウンジ、サービスの提供をさらにグレードアップすることが大切だ。

私が大阪に帰った時にお世話になる大丸心斎橋店にある小島眼鏡店では、これぞ真心のこもったサービスというのが味わえる。

社長の小島さんはおそらく5000名以上のお得意様の顔を覚えていらっしゃるのではないだろうか。有名になった帝国ホテルのエントランスのドアボーイを彷彿とさせる。あなたをいつも特別の存在として見ていますと思わせる何かを持っていらっしゃる。

確かにAIを使えば、顔認識で個人名で名前をお呼びすることはできるし、簡単な話もできるだろう。でもやはりズーム飲み会が面白くないのと同じだ。やはり人と人の触れ合いこそがこれからも求められるのだ。

百貨店はこれまでの大衆をターゲットにするのではなく、特定中数の顧客をターゲットにして、航空会社で言えば、常に上顧客を優遇するのを一般の人にもわかるようにして、どうぞこのサービスを受けたいなら、もっとうちの飛行機を利用してくださいとメッセージを送るべきだ。

ラグジュアリーブランドの顧客戦略を百貨店はしっかりと勉強する時だ!

昔の百貨店はこんなものをいち早く紹介していただろうな

ポータブル風力発電機

今日見つけた記事。

https://www.shineturbine.com/

カナダの会社が開発したポータブル風力発電機。240ドルで販売されているようだ。
アウトドアにも持っていけるし、非常用にも使える。

こういう商品って昔は百貨店がいち早く見つけていた時期もあったのだ。

でも今は商社でもなく、ベンチャー企業が直接ネットで販売している。
でも保証はないし、買った後のアフターサービスもない。

ここに何かマーケットチャンスがあるのかもしれない。

面白い商品を見せるだけの取り組みなら、丸井もすでにやってるが、結局場所貸し止まり。

やはり何か小売業としてのウイルが欲しい。

情報収集力ってどこが一番持っているのだろう?

そう言えば、昨日紹介された高機能マスク。

台湾製だが、性能はN95と同等らしい。しかもゴアテックス製でできているにもかかわらず、通気性がいいし、しかも洗って何度も使える。

ただ、色々と問題点もあるようだ。価格が高いのも一つ。
こういうのをうまく世の中に出すのはどの企業が一番上手いのか?

信用がなければ商売は続かない。信用しかない百貨店にはチャンスがあるかもしれない

性能と価格と信用のバランスがうまくつながらないとモノは売れない

千利休の給与はたった3000石だった

今、茶道の歴史という本を読んでいるが、その中で面白い事が書いてある。

千利休は天下一の茶人と認められる茶人であったが、秀吉からいただいた俸禄は3000石。利休切腹の後、秀吉の茶道頭を務めた古田織部は35000石、そのあとの小堀遠州、片桐石州はそれぞれ13000石ぐらいであった。

利休以外はみな武士であったのもあるが、当時の利休の影響力を考えると、甚だ少ない給与であった。

まあ、利休はそれ以外で十分稼いでいたとは思うが、武士の世界でいかに利休が実力だけでのし上がってきたのが分かる。

利休が武士でもないのに、切腹をさせてもらえたことなども、その例だろう。

その後、江戸時代になり、天下泰平の世になると、茶道頭の地位はますます低くなり、江戸時代末期だと10石程度だったらしい。

やはり、茶道で財を成すのは難しいということか。

顧問のお仕事

セカンドキャリアとしての顧問業とは

昨日、久しぶりに登録していた顧問を紹介する会社から電話があった。
地方の百貨店からの依頼で相当経営が厳しいとのこと。そして、支援をしている銀行がこの顧問の会社に食品のテナントを入れ替えたいので、テナントを紹介できる百貨店OBが欲しいととこのことで、色んな人に声をかけているとのことであった。

顧問先の会社には今回はお役に立てそうにないとお断りをし、電話を切った。

そして、思った。いったい自分の価値はなんだろうと。

顧問を紹介する会社といえば、聞こえはいいが結局は新しいテナントの紹介や新しい営業先の紹介などの仕事がほとんどだ。

私自身、自分の人脈はこういった営業では使いたくないと思っている。だからこういう会社に登録すること自体が間違っていたのかもしれない。

私は顧問とは、これまで培ってきた経営センスや知識、経験を新しい事業やプロジェクトに生かすために役立つものだと思っているが、なかなかそういう仕事はない。特にシニアとみなされる60歳以上には厳しい。

しかし、60歳でも70歳でも常に自己研鑽をし、情報のキャッチアップをっていれば、年は関係ないのだ。

でも今のデータベースには年齢は全て同じグルーピングになっているように思う。

一部の政治家、専門家、芸能人などが70歳になっても第1線で活躍している。

また中小企業に目を向ければ、いくらでも70歳の現役バリバリの経営者はいる。

なのに、今の人材派遣やベンチャー企業などではそういう認識を持っているところが少ないように感じる。やはりターゲットは大企業に勤めてきたサラリーマンが多いからだろう。

自らがどう自分の価値を創造していくのかは、自分自身でしかできないが、やはり長年サラリーマンをやってきた人たちには厳しい現実がある。

私もそうだったが、使いものにならないプライドがこびりついているのだ。私はありがたいことにこの2年で相当削ぎ落とされてきた。でもまだまだ残っていると思う。

自分のできること、自分に求められていること、自分のやりたいことを一致させるためには、やはりさらに自分を磨くことが必要だ。謙虚に自分を見つめ直すことができるかどうかだ。

昨日、近くのスーパーに行った時に70歳前後の男性に出会った。奥さんと一緒だが、買い物のカゴも持たず、ただ、奥さんの周りをウロウロしているだけ。しかし見るからに自分は偉かったんだぞというようなオーラが出まくっていた。身なりもスーパーに来るのに似合わないなんともいえない格好をしてる。だが、品は正直なかった。
私が通路を横切ろうとすると、通路の真ん中に彼がいたので、少し待っていたが、全く人に気を使う様子もなく、商品を見ていた。結局奥さんが促して、通ることが出来た。

次の人生はいつからでも遅くはないと言われる。

多くのシニアには昔のプライドだけを振り回すような生活はしないでいてほしい。

苦しみの中から何か新しいものが生まれてくる。それを信じて自己研鑽に励みたい。

論語マーケティングでコロナ対策を!!

コトラーのソーシャルマーケティングと論語を使えばうまくいく

今朝の日経新聞のコラムで田中編集員が、コトラーの提唱したソーシャルマーケティングを使ってワクチン接種ができないかとの提言をしていた。なんか違うなと違和感を覚えた。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGH20CJH0Q1A520C2000000/

この中では、社会問題の解決に向けて柔軟なマーケティング発想で問題解決をすべきだという例として、アメリカでのワクチン接種が駅や球場などで特典付きで行われていることあげている。一見するとこういう医療行為を無料でしかも特典をつけてまで行うことには日本人としては倫理的にどうかと思う人が多いのではないかと感じる。

しかし社会問題の解決においてはいろいろなアプローチが必要であり、NYでは若者の接種を促すためにマリファナをプレゼントする団体もあるようだ。

日本ではそもそもワクチン接種を受けたくても受けれない状況なので、今の時点ではアメリカと比較することは難しいが、今後ワクチン供給が増えて来た時に必ず前提のワクチン接種率がコロナ対策の一番の肝になる。集団免疫をいかに獲得するかである。

その時に有効な考え方を論語の中から紹介したい。

孔子曰く、之を導くに政を以てし、之を斉うるに刑を以てすれば、民免れて恥無し。之を導くに德を以てし、之を斉うるに礼を以てすれば、恥有りて且つ格る、と。


詳しくは下記のサイトを読んで欲しい。
https://kokugonomado.meijishoin.co.jp/posts/1488

ポイントは人を動かす時に規則や罰で動かそうとしても動かない、その人の道徳や気持ちに訴えることで初めて人は動くのであると。
考え方は北風と太陽の話と同じである。

今回の日本のコロナ対策はまさに、諸外国のような個人の自由を制限するロックダウンは法律上できない。また、潤沢な財源もないため休業補償も潤沢ではない。だから政府の対応は後手後手になっている。
そして自主的な国民一人一人の協力を求めているのだ。その政府、政治家の対応がどうも徳を以った行動とはいがたい。また礼を以ったものともいえない。だから心に響いていない。

日経のコラムでは若者の感染を抑えるために、若者でも感染したら症状が重症化したり、後遺症で悩んでいる人が多いことをSNSで拡散すべきと提言しているが、私にはそれは間違っているように思う。

このやり方は痛い思いをさせるだけで北風と同じである。

それよりも、若者の心に訴えかけることが大事だ。
家庭内感染で若者から老人に感染して死に至ることの悲惨さや社会が早く回復することの重要性を説くことが大切であろう。

東日本大震災の時にあれだけの若者がボランティアで無償協力をしてくれたことはさすが日本人と言えるところだ。

大震災よりも多くの犠牲者が出ている今こそ、リーダーは国民に向けたメッセージを徳と礼を以って行う時ではないだろうか!

コトラーのソーシャルマーケティングを使うということはそういうことである。

ターゲットに合わせた戦略を立てて、アメリカ人ならマリファナだろうが、日本人なら家族を守る大切さを徳のある人が、礼を以って話せばきっと若者にも理解してもらえると思う。

私が首相なら、星野源、新垣結衣夫妻にTV、SNSで若者に語りかけてもらうビデオメッセージを作る。徳のある政治家が少ないなら、徳のある芸能人、有名人を使うしかないのではないだろうか。

僧侶と大臣の話

お金があるのか、ないのかは自分の考えかた次第なんだ!

最近で一番感動した本からの例え話。

仲の良い少年が2人いました。彼らは別々の道を進みました。1人は質素な僧侶に、もう1人はお金も力もある王様側近の大臣になりました。
何年もあと、2人が出会いました。でっぷり太った大臣は、痩せてみすぼらしい僧侶を見て可哀想になりました。助けようと思い、大臣は声をかけました。
「王様の役に立つ方法を学べば、米と豆しか食べられない生活をしなくてすむよ」
僧侶が応えました。
「米と豆で生きる方法を学べば、王様のためにあくせくしなくて済むよ」

これを読み、私はこれまで、王様の側近であくせくして働いて来たんだなと痛感した。
結局、多くの人間は豊かな暮らしをしたいという欲望に突き動かされていかにお金持ちになるかを目指して生きているのではないかと感じる。

最近、FIREという言葉が流行している。

Financial Independence, Retire Earlyの略がFIREだ。

つまり、経済的に自立して、自分らしく暮らすために早い段階である程度のお金を貯めて、その後は会社に縛られずに自分らしい生活を送るという考えだ。

実際にTVでは30代前後で7000万程度の金融資産を貯めて、FIREを達成して、配当金などだけで生活している若者を紹介している。

この姿は今日の例え話でいえば、僧侶に近い考えなのであろう。

経済的に自立できるかどうかのポイントはいかに支出をおさえて豊かな生活ができるかである。

僧侶のような生活であれば、少ないお金でも精神的に豊かな生活ができる。そこには宗教という素晴らしい道標があるからだ。

しかし、そういう少ないお金で精神的に豊かな生活ができる人はたくさんいるのであろうか。私は簡単ではないと思う。それには2つの理由がある。

一つは人間は一度上げてしまった生活レベルを下げるのが最も難しい。まだ派手な暮らしを経験していない若者であればやりやすいかもしれないが、40、50代では自分、家族のために、もっといい暮らしをさせてやりたいという欲望をどうコントロールできるのかと思う。

そして2つ目は僧侶における宗教のような精神的な支柱となる考え方、生きるためのガイドなくしては質素な生活を続けることは難しい。

ただ、最近の若者の中には、NPOや社会貢献活動なで真剣に地球温暖化のために生きようとしている人たちもいる。彼らには僧侶の宗教のような支柱が存在している。

では一般的な人でこのコロナ禍で厳しい環境になった人はどうすればいいのだろうか。

そのためには、人生というものを見直す必要がある。

今までの経済的条件、基盤をベースに考えていては何も変わらない。これを変えるための原動力は精神的支柱となる考えをいかに持てるかである。

お金ではなく、何か自分が打ち込めるものを見つけて、それをすることで精神的な満足が得られるのであれば何も恐れることはない。

そのための自分探しが求められており、それが今のコーチング、ヨガ、瞑想、マインドフルネスなどの動きにつながっているように思う。

アフターコロナにおいてはますます精神世界のマーケットが注目されるだろう。それは占いなどとは違い、自分を変えることがなければ何も始まらないのだ。

個人としてはまずは経済的に自立するところから始めるべきだ。それには支出をまず抑えて、今ある収入の範囲内で生活し、それで満足できる努力が必要だ。

今回、読んで感動した本は「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」だが、この本は投資の本ということだが、私には経済的なことに悩むのではなく、本当に自分のやりたいことに集中するためにどうすれば良いかを説いている本のように思えた。

ぜひ一読をお勧めするが、下記の動画でも十分である

子供には無限の可能性がある!

親はどれだけ子供に可能性、チャンスを与えられるかだ!それが親の責任だ

先月、オンライン講座で実施した編集動画を見て感じるのはやはり、子供には早くから勉強以外のことに触れる機会、チャンスを与えられるかが、これからの親の責任ではないかと。

私達の世代には想像もできなかった海外とのつながりが、簡単に手に入る時代。インターネットを使えば全く違和感なく誰とでも話がほぼ無料でできる。

でもそのためにはそのネットーワークと言語能力を親は子供に提供しないといけない。

良い学校に入るための勉強だけをしていたら、明るい未来が訪れるなんてありえない。

コロナが終息すれば、もっとグローバルで世の中を見なければいけない時代がやってくる。

そのために何を親は子供に提供するのか!

今週日曜日は最終回、今回はシンガポールからライブ中継!!